📢 お知らせ
  • Twitterで話題の本ランキング

    ツイッターで話題・人気の本をランキング形式で集めたまとめです。

  • 【本】『公務員、中田忍の悪徳』みなさんの感想やレビューのおかげで、読書メーターさん()の読んだ本ランキングラノベ部門日間3位です! たくさんの方に読んで頂き嬉しいです、ありがとうございます!

  • [PR]

  • 13 RT

    『公務員、中田忍の悪徳』みなさんの感想やレビューのおかげで、読書メーターさん()の読んだ本ランキングラノベ部門日間3位です!
    たくさんの方に読んで頂き嬉しいです、ありがとうございます!

    https://bookmeter.com/

    『公務員、中田忍の悪徳』みなさんの感想やレビューのおかげで、読書メーターさん()の読んだ本ランキングラノベ部門日間3位です!たくさんの方に読んで頂き嬉しいです、ありがとうございます!

    このツイートをシェアする

  • コンテンツ内容

  • 読んだ本を記録して、新しい本に出会おう - 読書メーター

    読書メーターは読んだページ数や冊数などの読書量をグラフにして読書記録をしたり、日本中の読書家さんたちとコミュニケーションができるサービスです。

    続きを見る

  • プロフィール

  • 大人が真剣になって読める、楽しいラノベを目指しています。
    第15回小学館ライトノベル大賞【優秀賞】受賞
    『公務員、中田忍の悪徳』9月17日発売
    フォロワー数:1641
  • [PR]

  • その他のTwitterで話題の本

    ツイッターで話題・人気の本をランキング形式で集めたまとめです。

  • 並び替え:
    件数  : 195件
    更新日 : 2021年11月28日 20時08分
  • ピーナッツの70年が1冊に! スヌーピー、チャーリーブラウン、仲間たち、そして「ピーナッツ」の作者であるチャールズ・M・シュルツを徹底解説!『#ピーナッツ大図鑑 スヌーピーとチャーリー・ブラウンと仲間たちのすべて』が本日発売です。 #SNOOPY #PEANUTS ▼

  • ピーナッツの70年が1冊に!

    スヌーピー、チャーリーブラウン、仲間たち、そして「ピーナッツ」の作者であるチャールズ・M・シュルツを徹底解説!『#ピーナッツ大図鑑 スヌーピーとチャーリー・ブラウンと仲間たちのすべて』が本日発売です。
    #SNOOPY
    #PEANUTS


    https://buff.ly/3HNFgWy

    ピーナッツの70年が1冊に!スヌーピー、チャーリーブラウン、仲間たち、そして「ピーナッツ」の作者であるチャールズ・M・シュルツを徹底解説!『#ピーナッツ大図鑑 スヌーピーとチャーリー・ブラウンと仲間たちのすべて』が本日発売です。#SNOOPY#PEANUTS▼

    このツイートをシェアする

  • HONZ更新しています! これはおもしろいし、何よりも実際に役に立つ本。 インディーゲームを売り、作り続けていくための現場の知見と悩みが詰まった最良のガイドブック──『インディーゲーム・サバイバルガイド』 - HONZ

  • 冬木糸一

    冬木糸一 @huyukiitoichi

    2021/11/25 15:14:33

    HONZ更新しています! これはおもしろいし、何よりも実際に役に立つ本。
    インディーゲームを売り、作り続けていくための現場の知見と悩みが詰まった最良のガイドブック──『インディーゲーム・サバイバルガイド』 - HONZ

    https://honz.jp/articles/-/46149

    このツイートをシェアする

  • 本を実体験につなげてみた! 磯とラボでの1日体験 - HONZ 先日、著者らと海や研究室に行きました。本で紹介したものの実物を観察したのがおもしろかったので、フォトエッセイ風の記事にまとめてみました。本で知ったものの実物を見ると、やっぱり感激しますね✨

  • シオタハルカ

    シオタハルカ @harukashiota

    2021/11/24 10:53:04

    本を実体験につなげてみた! 磯とラボでの1日体験 - HONZ

    先日、著者らと海や研究室に行きました。本で紹介したものの実物を観察したのがおもしろかったので、フォトエッセイ風の記事にまとめてみました。本で知ったものの実物を見ると、やっぱり感激しますね✨

    https://honz.jp/articles/-/46153

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 【きょうの一冊=リンク先に超寸評】 『ミライの武器』  吉藤オリィ/サンクチュアリ出版 発明家、ロボット開発者の吉藤オリィが、若者にむけて「夢中になれること」の見つけ方、生かし方を説く よくある自己啓発書とは一線を画し、感動的ですらある #booklog

  • ひげうさぎ

    ひげうさぎ @higeusagi

    2021/11/23 20:39:14

    【きょうの一冊=リンク先に超寸評】

    『ミライの武器』
     吉藤オリィ/サンクチュアリ出版

    発明家、ロボット開発者の吉藤オリィが、若者にむけて「夢中になれること」の見つけ方、生かし方を説く

    よくある自己啓発書とは一線を画し、感動的ですらある

    #booklog

    https://booklog.jp/users/higeusagi/archives/1/4801400868

    このツイートをシェアする

  • 【せき越えぬ (新潮文庫)/西條 奈加】を読みたい本に追加 → #bookmeter

  • 【せき越えぬ (新潮文庫)/西條 奈加】を読みたい本に追加 → #bookmeter

    https://bookmeter.com/books/18598622

    このツイートをシェアする

  • 瀧本容子『アイアム精神疾患フルコース』読了。 24歳の精神病発症から始まって、47歳の現在までに「14の精神病と闘ってきた」というライターの自伝エッセイ。 『この地獄を生きるのだ』や『人間仮免中』の類書といえるが、その2冊に匹敵するほど、強烈なエピソードの連打。

  • 瀧本容子『アイアム精神疾患フルコース』読了。
    24歳の精神病発症から始まって、47歳の現在までに「14の精神病と闘ってきた」というライターの自伝エッセイ。
    『この地獄を生きるのだ』や『人間仮免中』の類書といえるが、その2冊に匹敵するほど、強烈なエピソードの連打。


    https://booklog.jp/users/gethigh316/archives/1/4801305539

    このツイートをシェアする

  • flierさんの会員向けに、梅棹忠夫『知的生産の技術』の要約が配信されています。1969年から100刷をこえて読み継がれる名著です。未読の方に届くことを願っています。「本書の読書体験が自身の力で知的生産の技術を開拓していくきっかけになることはまちがいないだろう。」

  • flierさんの会員向けに、梅棹忠夫『知的生産の技術』の要約が配信されています。1969年から100刷をこえて読み継がれる名著です。未読の方に届くことを願っています。「本書の読書体験が自身の力で知的生産の技術を開拓していくきっかけになることはまちがいないだろう。」


    https://www.flierinc.com/summary/2792

    flierさんの会員向けに、梅棹忠夫『知的生産の技術』の要約が配信されています。1969年から100刷をこえて読み継がれる名著です。未読の方に届くことを願っています。「本書の読書体験が自身の力で知的生産の技術を開拓していくきっかけになることはまちがいないだろう。」

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 【隠の王 10 (Gファンタジーコミックス)/鎌谷 悠希】隠の王 10巻目。この巻はすごい。後半はよくわからない部分があるけれど、悲しさと寂しさと嬉しさが一気に押し寄せて、混乱しても面白いと思え… → #bookmeter

  • 【隠の王 10 (Gファンタジーコミックス)/鎌谷 悠希】隠の王 10巻目。この巻はすごい。後半はよくわからない部分があるけれど、悲しさと寂しさと嬉しさが一気に押し寄せて、混乱しても面白いと思え… → #bookmeter

    https://bookmeter.com/reviews/102679233

    このツイートをシェアする

  • わかるー。“ただ、言えることは編集者として優秀なやつは、だいたい会社員としてはダメなことが多いね。社会性には欠けているけれど、「小説を読ませたらこいつはすごい」っていうのは何人かいたよ。” / “ベストセラーズインタビュー第104回『漂砂の塔』大沢在昌さん”

  • わかるー。“ただ、言えることは編集者として優秀なやつは、だいたい会社員としてはダメなことが多いね。社会性には欠けているけれど、「小説を読ませたらこいつはすごい」っていうのは何人かいたよ。” / “ベストセラーズインタビュー第104回『漂砂の塔』大沢在昌さん”

    https://htn.to/2gt827D5Gj

    このツイートをシェアする

  • 大学にいながら文科省の知識が耳学問レベルでしかなかった(それも大学サイドのみ!)のに反省して勉強。クリスピーな文体と鋭い指摘の連続でとても勉強になったし、暗澹たる思いにもなった。文科省職員 『文部科学省-揺らぐ日本の教育と学術』|感想・レビュー・試し読み

  • 大学にいながら文科省の知識が耳学問レベルでしかなかった(それも大学サイドのみ!)のに反省して勉強。クリスピーな文体と鋭い指摘の連続でとても勉強になったし、暗澹たる思いにもなった。文科省職員

    『文部科学省-揺らぐ日本の教育と学術』|感想・レビュー・試し読み

    https://bookmeter.com/books/17579573

    このツイートをシェアする

📢 他にも以下のサービスを運営しています