• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 227件
    更新日 : 2019年12月6日 11時38分
  • [PR]

  • あと、存在しない著者が足された例としては、Greenberg, Greenberger, Greenbergestの三人(原級、比較級、最上級!?)による共著論文 最初の二人は存在する物理学者だけど、最後のGreenbergestはさすがに存在しないようである。

  • 188 RT

    シータ

    シータ @Perfect_Insider

    2019/11/27 22:46:27

    あと、存在しない著者が足された例としては、Greenberg, Greenberger, Greenbergestの三人(原級、比較級、最上級!?)による共著論文 最初の二人は存在する物理学者だけど、最後のGreenbergestはさすがに存在しないようである。

    https://arxiv.org/abs/hep-ph/9306225

    このツイートをシェアする

  • 情報幾何の世界でもアインシュタイン方程式が成り立つことが知られている. 1. Dynamics of the Fisher information metric 2. Emergent General Relativity from Fisher Information Metric

  • 264 RT

    情報幾何の世界でもアインシュタイン方程式が成り立つことが知られている.

    1. Dynamics of the Fisher information metric


    2. Emergent General Relativity from Fisher Information Metric


    https://journals.aps.org/pre/abstract/10.1103/PhysRevE.71.056109
    https://arxiv.org/abs/1310.1831

    情報幾何の世界でもアインシュタイン方程式が成り立つことが知られている.1. Dynamics of the Fisher information metric2. Emergent General Relativity from Fisher Information Metric

    このツイートをシェアする

  • 物理ダイナミクスがハミルトニアンとその勾配で記述されることを利用し、データからハミルトニアンのような関数を教師なし学習し、ダイナミクスはその勾配に従うという帰納バイアスをいれたHamiltonian Neural Networkは発散や消失せず真の軌跡と長時間一致する

  • 351 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/12/04 07:53:47

    物理ダイナミクスがハミルトニアンとその勾配で記述されることを利用し、データからハミルトニアンのような関数を教師なし学習し、ダイナミクスはその勾配に従うという帰納バイアスをいれたHamiltonian Neural Networkは発散や消失せず真の軌跡と長時間一致する

    https://arxiv.org/abs/1906.01563

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • これまで受け取った最高のレビューは についた「この論文は難しいことをやっているが、公平性の実務家は数学がわからないので、こんなことをやっても無駄である」というやつです。

  • 439 RT

    ™ 🔰

    ™ 🔰 @tmaehara

    2019/11/29 21:49:13

    これまで受け取った最高のレビューは についた「この論文は難しいことをやっているが、公平性の実務家は数学がわからないので、こんなことをやっても無駄である」というやつです。

    https://arxiv.org/abs/1901.08291

    このツイートをシェアする

  • おっ、これ、クオリティすごく高いな。「写真」を「漫画風の画像」へ変換するAI(一番左の一列が写真) CartoonRenderer: An Instance-based Multi-Style Cartoon Image Translator

  • 536 RT

    おっ、これ、クオリティすごく高いな。「写真」を「漫画風の画像」へ変換するAI(一番左の一列が写真)

    CartoonRenderer: An Instance-based Multi-Style Cartoon Image Translator


    https://arxiv.org/abs/1911.06102

    おっ、これ、クオリティすごく高いな。「写真」を「漫画風の画像」へ変換するAI(一番左の一列が写真)CartoonRenderer: An Instance-based Multi-Style Cartoon Image Translator

    このツイートをシェアする

  • 古代ローマの測量技師の仕事 ポンペイ遺跡”Regio V houses”(保存状態の良いフレスコ画で話題に)にて測量基準線描いてるタイルを発見。 ”グローマ測量”、ローマ以降は使われなくなったものの中世の文献で言及されている

  • 636 RT

    古代ローマの測量技師の仕事

    ポンペイ遺跡”Regio V houses”(保存状態の良いフレスコ画で話題に)にて測量基準線描いてるタイルを発見。
    ”グローマ測量”、ローマ以降は使われなくなったものの中世の文献で言及されている


    https://www.eurekalert.org/pub_releases/2019-12/pdm-tao120319.php
    https://arxiv.org/abs/1910.13145

    古代ローマの測量技師の仕事ポンペイ遺跡”Regio V houses”(保存状態の良いフレスコ画で話題に)にて測量基準線描いてるタイルを発見。”グローマ測量”、ローマ以降は使われなくなったものの中世の文献で言及されている
    古代ローマの測量技師の仕事ポンペイ遺跡”Regio V houses”(保存状態の良いフレスコ画で話題に)にて測量基準線描いてるタイルを発見。”グローマ測量”、ローマ以降は使われなくなったものの中世の文献で言及されている

    このツイートをシェアする

  • 敵対的ノイズをNN学習の正則化として使った場合、性能はむしろ劣化することが知られていた。これは元の入力とノイズを加えた入力間の分布のギャップがあるためであり、それぞれで別のバッチ正規化を使うと有効な正則化となる。追加データ無でImageNetのSoTAを達成

  • 735 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/11/29 08:01:34

    敵対的ノイズをNN学習の正則化として使った場合、性能はむしろ劣化することが知られていた。これは元の入力とノイズを加えた入力間の分布のギャップがあるためであり、それぞれで別のバッチ正規化を使うと有効な正則化となる。追加データ無でImageNetのSoTAを達成

    https://arxiv.org/abs/1911.09665

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう

  • 831 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2019/11/28 23:29:45


    敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう

    https://arxiv.org/abs/1911.09665

    敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう
    敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう
    敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう
    敵対的サンプルを使ってImageNetとノイズ付きのImageNetの精度を大幅に改善。敵対的サンプル・通常のデータそれぞれBNをわけることで、データ混合による分布の変化を防ぐ。シンプルながらかなり強力。汎用的に使えそう

    このツイートをシェアする

  • 論文を公開しました。物理に基づく原子間ポテンシャルは今まで異なる手法と考えられていたDeepなGraph NNの構造を持っていることを指摘し、両者を統合してグラフ中をテンソル量が流れるネットワークを提案しています。分子系や固体材料、水など様々な系が統一的に再現できます

  • 930 RT

    So Takamoto

    So Takamoto @tkmtSo

    2019/12/04 18:03:35

    論文を公開しました。物理に基づく原子間ポテンシャルは今まで異なる手法と考えられていたDeepなGraph NNの構造を持っていることを指摘し、両者を統合してグラフ中をテンソル量が流れるネットワークを提案しています。分子系や固体材料、水など様々な系が統一的に再現できます


    https://arxiv.org/abs/1912.01398

    このツイートをシェアする

  • プランク衛星で観測された宇宙マイクロ波背景放射の最終版データの解析から、宇宙が平坦でない(閉じている)可能性が。宇宙論の標準モデルとされるΛ-CDMモデルでは宇宙は平坦。Λ-CDMモデルを見直す必要があるのか、明らかになっていない別の原因があるのか。

  • 1028 RT

    プランク衛星で観測された宇宙マイクロ波背景放射の最終版データの解析から、宇宙が平坦でない(閉じている)可能性が。宇宙論の標準モデルとされるΛ-CDMモデルでは宇宙は平坦。Λ-CDMモデルを見直す必要があるのか、明らかになっていない別の原因があるのか。

    https://arxiv.org/abs/1911.02087
    https://twitter.com/NatureAstronomy/status/1192077305071448067

    このツイートをシェアする