• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 184件
    更新日 : 2019年8月22日 11時55分
  • [PR]

  • 新しい論文書きました.CNNの様々な軽量モジュールが実はテンソルネットワークというハイパーグラフで記述でき,その空間でアーキテクチャ探索したところ,精度と軽量具合のパレート解がいい感じに見つかりました.グラフでCNNが設計できるのが面白ポイント.

  • 1158 RT

    Kohei Hayashi

    Kohei Hayashi @hayasick

    2019/08/14 11:09:55

    新しい論文書きました.CNNの様々な軽量モジュールが実はテンソルネットワークというハイパーグラフで記述でき,その空間でアーキテクチャ探索したところ,精度と軽量具合のパレート解がいい感じに見つかりました.グラフでCNNが設計できるのが面白ポイント.


    https://arxiv.org/abs/1908.04471

    新しい論文書きました.CNNの様々な軽量モジュールが実はテンソルネットワークというハイパーグラフで記述でき,その空間でアーキテクチャ探索したところ,精度と軽量具合のパレート解がいい感じに見つかりました.グラフでCNNが設計できるのが面白ポイント.
    新しい論文書きました.CNNの様々な軽量モジュールが実はテンソルネットワークというハイパーグラフで記述でき,その空間でアーキテクチャ探索したところ,精度と軽量具合のパレート解がいい感じに見つかりました.グラフでCNNが設計できるのが面白ポイント.
    新しい論文書きました.CNNの様々な軽量モジュールが実はテンソルネットワークというハイパーグラフで記述でき,その空間でアーキテクチャ探索したところ,精度と軽量具合のパレート解がいい感じに見つかりました.グラフでCNNが設計できるのが面白ポイント.

    このツイートをシェアする

  • 「カルマンフィルタ使ってVisual odometryする時、状態遷移行列やプロセスノイズ、観測値(特徴量)や観測ノイズ等のパラメータ調整するの大変だから全部ディープで求めるぜ!」っていう論文。 DynaNet: Neural Kalman Dynamical Model for Motion Estimation and Prediction.

  • 2154 RT

    arai

    arai @arai01robo

    2019/08/15 09:19:57

    「カルマンフィルタ使ってVisual odometryする時、状態遷移行列やプロセスノイズ、観測値(特徴量)や観測ノイズ等のパラメータ調整するの大変だから全部ディープで求めるぜ!」っていう論文。

    DynaNet: Neural Kalman Dynamical Model for Motion Estimation and Prediction.


    https://arxiv.org/abs/1908.03918

    「カルマンフィルタ使ってVisual odometryする時、状態遷移行列やプロセスノイズ、観測値(特徴量)や観測ノイズ等のパラメータ調整するの大変だから全部ディープで求めるぜ!」っていう論文。DynaNet: Neural Kalman Dynamical Model for Motion Estimation and Prediction.

    このツイートをシェアする

  • 光学迷彩といえば、プロジェクタと再帰性反射材(工事の反射板とかについてるやつ)を使ったこれが有名 ↓ クローキング自体は、結構カンタンな仕組みで作れたりするので小学生の #夏休みの自由研究 なんかにいいかも ↓

  • 380 RT

    光学迷彩といえば、プロジェクタと再帰性反射材(工事の反射板とかについてるやつ)を使ったこれが有名 ↓


    クローキング自体は、結構カンタンな仕組みで作れたりするので小学生の #夏休みの自由研究 なんかにいいかも ↓



    https://star.rcast.u-tokyo.ac.jp/opticalcamouflage/
    https://www.youtube.com/watch?v=oJb9RnAVDuE
    https://arxiv.org/pdf/1306.0863.pdf

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 機械翻訳コンペであるWMT19において優勝したFAIRのシステムは(ニュース記事の英から独への翻訳タスクにおいて)人による評価で人による翻訳を大きく上回った。近年順調に翻訳の精度向上が進む中でいよいよ人の翻訳を超えた

  • 472 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/08/22 06:34:35

    機械翻訳コンペであるWMT19において優勝したFAIRのシステムは(ニュース記事の英から独への翻訳タスクにおいて)人による評価で人による翻訳を大きく上回った。近年順調に翻訳の精度向上が進む中でいよいよ人の翻訳を超えた

    https://arxiv.org/abs/1907.06616
    http://www.statmt.org/wmt19/pdf/53/WMT01.pdf

    このツイートをシェアする

  • NN最適化手法であるNovogradは 1) 層ごとに二次モーメントを求め勾配を正規化 2) AdamWと同様にWeight Decayを分けて、一次モーメントに適用。二次モーメントは層単位で共通なためメモリ使用量半減、初期収束が安定、バッチサイズが大きくても劣化が少ない。Adamの後継候補

  • 538 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/08/20 07:13:28

    NN最適化手法であるNovogradは 1) 層ごとに二次モーメントを求め勾配を正規化 2) AdamWと同様にWeight Decayを分けて、一次モーメントに適用。二次モーメントは層単位で共通なためメモリ使用量半減、初期収束が安定、バッチサイズが大きくても劣化が少ない。Adamの後継候補

    https://arxiv.org/abs/1905.11286

    このツイートをシェアする

  • 遂にGANにもNASきましたね... AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial Networks Xinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wang accepted by ICCV 2019 (続く...

  • 637 RT

    うどん

    うどん @udoooom

    2019/08/13 11:09:51

    遂にGANにもNASきましたね...

    AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial Networks
    Xinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wang
    accepted by ICCV 2019


    (続く...

    https://arxiv.org/abs/1908.03835

    遂にGANにもNASきましたね...AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial NetworksXinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wangaccepted by ICCV 2019(続く...
    遂にGANにもNASきましたね...AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial NetworksXinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wangaccepted by ICCV 2019(続く...
    遂にGANにもNASきましたね...AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial NetworksXinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wangaccepted by ICCV 2019(続く...
    遂にGANにもNASきましたね...AutoGAN: Neural Architecture Search for Generative Adversarial NetworksXinyu Gong, Shiyu Chang, Yifan Jiang, Zhangyang Wangaccepted by ICCV 2019(続く...

    このツイートをシェアする

  • 【論文出ました】強相関1次元絶縁体(=Mott絶縁体, CDW絶縁体, Kondo絶縁体 etc)の絶縁破壊(=強電場下で絶縁体に電流が流れる現象)に適用できる普遍的な閾値電場の公式を導出しました。さらにそれを可解格子模型に適用し、公式が幅広い領域で実際に成り立つことを示しました。

  • 727 RT

    【論文出ました】強相関1次元絶縁体(=Mott絶縁体, CDW絶縁体, Kondo絶縁体 etc)の絶縁破壊(=強電場下で絶縁体に電流が流れる現象)に適用できる普遍的な閾値電場の公式を導出しました。さらにそれを可解格子模型に適用し、公式が幅広い領域で実際に成り立つことを示しました。

    https://arxiv.org/abs/1908.06107

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • NNの量子化は微分不可能であり直接学習が難しかった。DSQは微分可能な関数を徐々に離散化関数へと変換し、その変換ペースも自動的に制御する。活性値、重みを2~4bitで表現してもResNet/ImageNetの精度劣化を1~2%に抑える

  • 826 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/08/21 08:13:53

    NNの量子化は微分不可能であり直接学習が難しかった。DSQは微分可能な関数を徐々に離散化関数へと変換し、その変換ペースも自動的に制御する。活性値、重みを2~4bitで表現してもResNet/ImageNetの精度劣化を1~2%に抑える

    https://arxiv.org/abs/1908.05033

    このツイートをシェアする

  • 自由エネルギー原理と関連する脳の理論(ベイズ脳仮説や予測誤差符号化など)との関係を解説した論文。FEPにどんな仮定を付け加える(あるいは制約を取り払う)とどの理論と等価になるのかが非常に分かりやすく書かれていて、混乱しがちなFEPの情報整理に役立つと思います。

  • 922 RT

    Kohei Ichikawa

    Kohei Ichikawa @tripdancer0916

    2019/08/16 07:19:23

    自由エネルギー原理と関連する脳の理論(ベイズ脳仮説や予測誤差符号化など)との関係を解説した論文。FEPにどんな仮定を付け加える(あるいは制約を取り払う)とどの理論と等価になるのかが非常に分かりやすく書かれていて、混乱しがちなFEPの情報整理に役立つと思います。



    https://arxiv.org/abs/1901.07945

    このツイートをシェアする

  • また凄いの出た GAN-Tree: An Incrementally Learned Hierarchical Generative Framework for Multi-Modal Data Distributions Jogendra Nath Kundu, Maharshi Gor, Dakshit Agrawal, R. Venkatesh Babu Accepted at ICCV 2019

  • 1021 RT

    うどん

    うどん @udoooom

    2019/08/13 11:40:13

    また凄いの出た

    GAN-Tree: An Incrementally Learned Hierarchical Generative Framework for Multi-Modal Data Distributions
    Jogendra Nath Kundu, Maharshi Gor, Dakshit Agrawal, R. Venkatesh Babu
    Accepted at ICCV 2019


    https://arxiv.org/abs/1908.03919

    このツイートをシェアする