• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 280件
    更新日 : 2020年9月25日 09時24分
  • [PR]

  • グーグルの研究者たちが、自然言語処理やコンピュータビジョンや強化学習などの様々な分野で成果を出している「Transformer」の改良手法についてまとめている。 Efficient Transformers: A Survey

  • 146 RT

    グーグルの研究者たちが、自然言語処理やコンピュータビジョンや強化学習などの様々な分野で成果を出している「Transformer」の改良手法についてまとめている。

    Efficient Transformers: A Survey


    https://arxiv.org/abs/2009.06732

    グーグルの研究者たちが、自然言語処理やコンピュータビジョンや強化学習などの様々な分野で成果を出している「Transformer」の改良手法についてまとめている。Efficient Transformers: A Survey
    グーグルの研究者たちが、自然言語処理やコンピュータビジョンや強化学習などの様々な分野で成果を出している「Transformer」の改良手法についてまとめている。Efficient Transformers: A Survey

    このツイートをシェアする

  • 動画内の一部分だけの人間の時間の流れを操作して、違和感なく新しい動画にする研究 一部の人だけの時間を止めたり、逆に時間の流れを早くしたりと見ていて面白い Layered Neural Rendering for Retiming People in Video

  • 244 RT

    えるエル

    えるエル @ImAI_Eruel

    2020/09/17 21:42:19

    動画内の一部分だけの人間の時間の流れを操作して、違和感なく新しい動画にする研究
    一部の人だけの時間を止めたり、逆に時間の流れを早くしたりと見ていて面白い
    Layered Neural Rendering for Retiming People in Video



    https://arxiv.org/abs/2009.07833

    このツイートをシェアする

  • arXivに新しい論文をアップロードしました: "Path Planning using Neural A* Search" 米谷・谷合・西村(オムロンサイニックエックス)、Amin(インターン)、技術アドバイザの金崎先生(東工大)による研究で、微分可能なA*探索による経路計画の話です。

  • 330 RT

    Ryo Yonetani

    Ryo Yonetani @RYonetani

    2020/09/17 09:49:10

    arXivに新しい論文をアップロードしました: "Path Planning using Neural A* Search" 米谷・谷合・西村(オムロンサイニックエックス)、Amin(インターン)、技術アドバイザの金崎先生(東工大)による研究で、微分可能なA*探索による経路計画の話です。

    https://arxiv.org/abs/2009.07476

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • Wavelet変換(WT)を用いて低周波情報のみから画像を再現することで、少ない計算資源で高精細画像をGANで生成する研究。具体的には失われた高周波情報をNNで再現し、逆Wavelet変換(iWT)をかける。生成画像の質は少し下がるがTPUx256からGPUx4にまで計算資源を落とすことに成功

  • 420 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/17 19:20:00


    Wavelet変換(WT)を用いて低周波情報のみから画像を再現することで、少ない計算資源で高精細画像をGANで生成する研究。具体的には失われた高周波情報をNNで再現し、逆Wavelet変換(iWT)をかける。生成画像の質は少し下がるがTPUx256からGPUx4にまで計算資源を落とすことに成功

    https://arxiv.org/abs/2009.04433

    Wavelet変換(WT)を用いて低周波情報のみから画像を再現することで、少ない計算資源で高精細画像をGANで生成する研究。具体的には失われた高周波情報をNNで再現し、逆Wavelet変換(iWT)をかける。生成画像の質は少し下がるがTPUx256からGPUx4にまで計算資源を落とすことに成功

    このツイートをシェアする

  • 今日は論文を出しました!  同室のスーパー助教谷崎くんとの共著で、彼が中心にやってくれました。僕らが生まれる前にCardyとRabinoviciがある模型を導入して、割とheuristicな議論で複雑な相図を描いたのですが、その相図が現代的なアノマリーで大体説明できるよという話です

  • 519 RT

    Masazumi Honda

    Masazumi Honda @masazumi318

    2020/09/23 10:38:27

    今日は論文を出しました! 
    同室のスーパー助教谷崎くんとの共著で、彼が中心にやってくれました。僕らが生まれる前にCardyとRabinoviciがある模型を導入して、割とheuristicな議論で複雑な相図を描いたのですが、その相図が現代的なアノマリーで大体説明できるよという話です

    https://arxiv.org/abs/2009.10183

    今日は論文を出しました! 同室のスーパー助教谷崎くんとの共著で、彼が中心にやってくれました。僕らが生まれる前にCardyとRabinoviciがある模型を導入して、割とheuristicな議論で複雑な相図を描いたのですが、その相図が現代的なアノマリーで大体説明できるよという話です

    このツイートをシェアする

  • 自然言語処理を中心に近年広がってきたTransformerモデルの改善系のサーベイ論文。メモリ改善やattentionの使い方などの項目ごとにまとめられている。図表とDiscussionだけ見ても、なんとなく流れがつかめる。

  • 616 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/21 19:29:00


    自然言語処理を中心に近年広がってきたTransformerモデルの改善系のサーベイ論文。メモリ改善やattentionの使い方などの項目ごとにまとめられている。図表とDiscussionだけ見ても、なんとなく流れがつかめる。

    https://arxiv.org/abs/2009.06732

    自然言語処理を中心に近年広がってきたTransformerモデルの改善系のサーベイ論文。メモリ改善やattentionの使い方などの項目ごとにまとめられている。図表とDiscussionだけ見ても、なんとなく流れがつかめる。

    このツイートをシェアする

  • 学習済みモデルを用いて異常検知をする研究。複数の隠れ層の特徴量に多変量ガウス分布をフィットさせ、マハラビラス距離を使って異常を検出する。わりと実応用環境に近いMVTecデータセットでSOTA。(検体画像はMVTecより引用)

  • 716 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/22 19:01:00


    学習済みモデルを用いて異常検知をする研究。複数の隠れ層の特徴量に多変量ガウス分布をフィットさせ、マハラビラス距離を使って異常を検出する。わりと実応用環境に近いMVTecデータセットでSOTA。(検体画像はMVTecより引用)

    https://arxiv.org/abs/2005.14140

    学習済みモデルを用いて異常検知をする研究。複数の隠れ層の特徴量に多変量ガウス分布をフィットさせ、マハラビラス距離を使って異常を検出する。わりと実応用環境に近いMVTecデータセットでSOTA。(検体画像はMVTecより引用)
    学習済みモデルを用いて異常検知をする研究。複数の隠れ層の特徴量に多変量ガウス分布をフィットさせ、マハラビラス距離を使って異常を検出する。わりと実応用環境に近いMVTecデータセットでSOTA。(検体画像はMVTecより引用)

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • ReLUとSwishを統一的に扱い、その一般的な形としての活性化関数ACtivationOrNot(ACON)を提案。活性化関数の中に複数の学習可パラメータが入ることで、活性するか否かを自由に変えられる。物体検知、画像検索で精度が向上することを確認した。

  • 815 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/18 19:18:00


    ReLUとSwishを統一的に扱い、その一般的な形としての活性化関数ACtivationOrNot(ACON)を提案。活性化関数の中に複数の学習可パラメータが入ることで、活性するか否かを自由に変えられる。物体検知、画像検索で精度が向上することを確認した。

    https://arxiv.org/abs/2009.04759

    ReLUとSwishを統一的に扱い、その一般的な形としての活性化関数ACtivationOrNot(ACON)を提案。活性化関数の中に複数の学習可パラメータが入ることで、活性するか否かを自由に変えられる。物体検知、画像検索で精度が向上することを確認した。

    このツイートをシェアする

  • DNNの各々のユニットの役割を解釈する研究。明示的に”木”などの概念を与えなくても、それらを学習しているユニットが存在していることを発見。GANにおいて、各々の概念を司るユニットを操作することで画像から木を減らしたり、建物にドアをつけることに成功した。

  • 912 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/21 19:30:00


    DNNの各々のユニットの役割を解釈する研究。明示的に”木”などの概念を与えなくても、それらを学習しているユニットが存在していることを発見。GANにおいて、各々の概念を司るユニットを操作することで画像から木を減らしたり、建物にドアをつけることに成功した。

    https://arxiv.org/abs/2009.05041

    DNNの各々のユニットの役割を解釈する研究。明示的に”木”などの概念を与えなくても、それらを学習しているユニットが存在していることを発見。GANにおいて、各々の概念を司るユニットを操作することで画像から木を減らしたり、建物にドアをつけることに成功した。

    このツイートをシェアする

  • 物体検知において高精度と低レイテンシを両立するために、各層をブロックに分け各ブロックでそれぞれ異なる枝刈パターンを学習させるBlock-puhched pruningを提案。精度を保ったまま高速化させることに成功した。さらにCNNをGPUで計算、それ以外をCPUで計算させて更に高速化

  • 1012 RT

    akira

    akira @AkiraTOSEI

    2020/09/23 19:00:00


    物体検知において高精度と低レイテンシを両立するために、各層をブロックに分け各ブロックでそれぞれ異なる枝刈パターンを学習させるBlock-puhched pruningを提案。精度を保ったまま高速化させることに成功した。さらにCNNをGPUで計算、それ以外をCPUで計算させて更に高速化

    https://arxiv.org/abs/2009.05697

    物体検知において高精度と低レイテンシを両立するために、各層をブロックに分け各ブロックでそれぞれ異なる枝刈パターンを学習させるBlock-puhched pruningを提案。精度を保ったまま高速化させることに成功した。さらにCNNをGPUで計算、それ以外をCPUで計算させて更に高速化
    物体検知において高精度と低レイテンシを両立するために、各層をブロックに分け各ブロックでそれぞれ異なる枝刈パターンを学習させるBlock-puhched pruningを提案。精度を保ったまま高速化させることに成功した。さらにCNNをGPUで計算、それ以外をCPUで計算させて更に高速化

    このツイートをシェアする