• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 154件
    更新日 : 2019年10月23日 11時13分
  • [PR]

  • CG 系トップ国際会議 SIGGRAPH Asia 2019 採択論文を公開しました 一枚の風景画像から、動きの変化と色の変化を別々に予測・制御して、既存手法より格段に高解像度・長尺のタイムラプス動画を生成します。

  • 1167 RT

    Yoshihiro KANAMORI

    Yoshihiro KANAMORI @yshhrknmr

    2019/10/17 09:40:33

    CG 系トップ国際会議 SIGGRAPH Asia 2019 採択論文を公開しました 一枚の風景画像から、動きの変化と色の変化を別々に予測・制御して、既存手法より格段に高解像度・長尺のタイムラプス動画を生成します。

    http://arxiv.org/abs/1910.07192
    http://www.cgg.cs.tsukuba.ac.jp/~endo/projects/AnimatingLandscape/

    このツイートをシェアする

  • NNの最適化手法で無視されがちなハイパーパラメータepsが実は重要であり、デフォルト値が1e-8に対し最適値は1から1万近くになりうる(α/epsで探索すると良い)。全ハイパーパラメータ最適化を行なって最適化手法を比較するとADAMなど最適化の表現力が高いモデルが優れている

  • 269 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/10/16 08:12:21

    NNの最適化手法で無視されがちなハイパーパラメータepsが実は重要であり、デフォルト値が1e-8に対し最適値は1から1万近くになりうる(α/epsで探索すると良い)。全ハイパーパラメータ最適化を行なって最適化手法を比較するとADAMなど最適化の表現力が高いモデルが優れている

    https://arxiv.org/abs/1910.05446

    このツイートをシェアする

  • 映像認識は計算量が多くリアルタイム処理が難しかった。計算量やパラメータ数制約下で精度最大化するネットワークをGAを使って探索、同じ精度で数十倍速いTiny Video Networksを見つけた。映像1秒をCPUで37ms, GPUで10msで処理でき、モバイル機器やロボットに搭載可

  • 367 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/10/18 07:40:42

    映像認識は計算量が多くリアルタイム処理が難しかった。計算量やパラメータ数制約下で精度最大化するネットワークをGAを使って探索、同じ精度で数十倍速いTiny Video Networksを見つけた。映像1秒をCPUで37ms, GPUで10msで処理でき、モバイル機器やロボットに搭載可

    https://arxiv.org/abs/1910.06961

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • DNNの汎化性能は全層のマージンを使って正確に予測できることが実験的に示されていた()。理論的にも全層マージンが汎化性能を正確に評価できることが示され、また全層マージンを増やすよう全層にノイズを入れる正則化が有効であることが示された

  • 449 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/10/22 10:12:04

    DNNの汎化性能は全層のマージンを使って正確に予測できることが実験的に示されていた()。理論的にも全層マージンが汎化性能を正確に評価できることが示され、また全層マージンを増やすよう全層にノイズを入れる正則化が有効であることが示された

    https://arxiv.org/abs/1810.00113
    https://arxiv.org/abs/1910.04284

    このツイートをシェアする

  • インターステラ彗星「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」カラースペクトルは、太陽系の長周期彗星とほぼ一致。推定直径1km。今後の観測に期待 

  • 546 RT

    Abe S. 阿部新之助

    Abe S. 阿部新之助 @AvellSky

    2019/10/15 09:10:00

    インターステラ彗星「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」カラースペクトルは、太陽系の長周期彗星とほぼ一致。推定直径1km。今後の観測に期待 

    https://www.nature.com/articles/s41550-019-0931-8
    https://arxiv.org/abs/1910.02547

    インターステラ彗星「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」カラースペクトルは、太陽系の長周期彗星とほぼ一致。推定直径1km。今後の観測に期待 
    インターステラ彗星「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」カラースペクトルは、太陽系の長周期彗星とほぼ一致。推定直径1km。今後の観測に期待 
    インターステラ彗星「ボリソフ彗星(2I/Borisov)」カラースペクトルは、太陽系の長周期彗星とほぼ一致。推定直径1km。今後の観測に期待 

    このツイートをシェアする

  • Natural Gradient Boost [Duan+, 2019] 回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。 #NowReading

  • 640 RT

    Shion Honda

    Shion Honda @shion_honda

    2019/10/18 00:06:28

    Natural Gradient Boost [Duan+, 2019]
    回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。

    #NowReading

    https://arxiv.org/abs/1910.03225

    Natural Gradient Boost [Duan+, 2019]回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。#NowReading
    Natural Gradient Boost [Duan+, 2019]回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。#NowReading
    Natural Gradient Boost [Duan+, 2019]回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。#NowReading
    Natural Gradient Boost [Duan+, 2019]回帰問題において目的変数の期待値だけでなく信頼区間の推定もできる勾配ブースティングを提案。学習器、確率分布、損失関数を指定した上で、自然勾配を使って複数の分布パラメータを予測する学習器を訓練していく。#NowReading

    このツイートをシェアする

  • ようやく3本目の論文が arXiv に通りました 「BM型超多重ガンマ関数」っての作りました。んで漸近展開示しました。

  • 726 RT

    ようやく3本目の論文が arXiv に通りました

    「BM型超多重ガンマ関数」っての作りました。んで漸近展開示しました。


    https://arxiv.org/abs/1910.05204

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 24年前にやってそのままにしていた話を、講義の後に頂いた質問をきっかけに一般化してまとめてみました。研究としての価値はともかく、イジング模型とかキタエフ鎖とか場の理論に興味のある方には、「教育的」な内容であるような気がします。

  • 823 RT

    24年前にやってそのままにしていた話を、講義の後に頂いた質問をきっかけに一般化してまとめてみました。研究としての価値はともかく、イジング模型とかキタエフ鎖とか場の理論に興味のある方には、「教育的」な内容であるような気がします。


    https://arxiv.org/abs/1910.06353

    このツイートをシェアする

  • Connections between SVMs, Wasserstein distance and gradient-penalty GANs SVMを一般化していったらGANsにつながった(*GANs w/ GPのdiscriminatorはマージン最大化分類器でL∞ノルムを使うと更に良い)

  • 922 RT

    ワクワクさん

    ワクワクさん @mosko_mule

    2019/10/18 13:42:53

    Connections between SVMs, Wasserstein distance and gradient-penalty GANs SVMを一般化していったらGANsにつながった(*GANs w/ GPのdiscriminatorはマージン最大化分類器でL∞ノルムを使うと更に良い)

    https://arxiv.org/abs/1910.06922

    このツイートをシェアする

  • 論文をarXivに上げたので宣伝します

  • 1021 RT

    冷奴

    冷奴 @trhiyayakko

    2019/10/21 12:02:12

    論文をarXivに上げたので宣伝します


    https://arxiv.org/abs/1910.08290

    このツイートをシェアする