📢 お知らせ
  • Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 75件
    更新日 : 2021年2月8日 00時40分
  • [PR]

  • A Modern Compiler for the French Tax Code(CC'21)面白いな。フランスの税計算記述言語、関数定義が無かったので変数セットしてからコード片を実行するグルーコードをC言語で書くのが横行(35000行)し魔窟が発生しており、言語の拡張でなんとかしつつ処理系をまともにする話

  • 124 RT

    kinaba

    kinaba @kinaba

    2021/02/07 00:25:09

    A Modern Compiler for the French Tax Code(CC'21)面白いな。フランスの税計算記述言語、関数定義が無かったので変数セットしてからコード片を実行するグルーコードをC言語で書くのが横行(35000行)し魔窟が発生しており、言語の拡張でなんとかしつつ処理系をまともにする話

    https://arxiv.org/abs/2011.07966

    このツイートをシェアする

  • A Modern Compiler for the French Tax Code(CC'21)面白いな。フランスの税計算記述言語、関数定義が無かったので変数セットしてからコード片を実行するグルーコードをC言語で書くのが横行(35000行)し魔窟が発生しており、言語の拡張でなんとかしつつ処理系をまともにする話

  • 224 RT

    kinaba

    kinaba @kinaba

    2021/02/07 00:25:09

    A Modern Compiler for the French Tax Code(CC'21)面白いな。フランスの税計算記述言語、関数定義が無かったので変数セットしてからコード片を実行するグルーコードをC言語で書くのが横行(35000行)し魔窟が発生しており、言語の拡張でなんとかしつつ処理系をまともにする話

    https://arxiv.org/abs/2011.07966

    このツイートをシェアする

  • 「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。 github: arxiv: towardsdatascience:

  • 317 RT

    u++

    u++ @upura0

    2021/02/07 16:47:55

    「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。

    github:
    arxiv:
    towardsdatascience:

    https://github.com/Qwicen/node
    https://arxiv.org/abs/1909.06312
    https://towardsdatascience.com/modelling-tabular-data-with-catboost-and-node-929bfbaaeb08?source=social.tw

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。 github: arxiv: towardsdatascience:

  • 417 RT

    u++

    u++ @upura0

    2021/02/07 16:47:55

    「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。

    github:
    arxiv:
    towardsdatascience:

    https://github.com/Qwicen/node
    https://arxiv.org/abs/1909.06312
    https://towardsdatascience.com/modelling-tabular-data-with-catboost-and-node-929bfbaaeb08?source=social.tw

    このツイートをシェアする

  • 「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。 github: arxiv: towardsdatascience:

  • 517 RT

    u++

    u++ @upura0

    2021/02/07 16:47:55

    「CatBoost」で有名なYandexから出た「NODE: Neural Oblivious Decision Ensembles for Deep Learning on Tabular Data」の紹介記事。

    github:
    arxiv:
    towardsdatascience:

    https://github.com/Qwicen/node
    https://arxiv.org/abs/1909.06312
    https://towardsdatascience.com/modelling-tabular-data-with-catboost-and-node-929bfbaaeb08?source=social.tw

    このツイートをシェアする

  • Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる

  • 612 RT

    Kazuyuki Miyazawa

    Kazuyuki Miyazawa @kzykmyzw

    2021/02/03 00:39:56

    Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる


    https://arxiv.org/abs/2102.01066

    Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる

    このツイートをシェアする

  • Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる

  • 712 RT

    Kazuyuki Miyazawa

    Kazuyuki Miyazawa @kzykmyzw

    2021/02/03 00:39:56

    Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる


    https://arxiv.org/abs/2102.01066

    Rossさん達がAP計算のハック要素を指摘。実装上の都合で画像あたりの検出数に制限があるせいで、どの検出結果を残すかを操作して平均APを上げられる。頻出クラスは信頼度が高くても削除し、逆に信頼度が低いレアクラスを検出結果に含めるような不自然なやり方でAPが上がる

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • ケプラー衛星の撮像は1波長だったが、ここから多波長の情報を得てしまおうという試み。検出器のピクセルごとに感度の高い波長がビミョ〜に違うので、ピクセルレベルで明るさの変動をみてやることで変動の波長依存性を見られる……ニッチだけどすっごい、ハックだ… #マユコJC

  • 810 RT


    ケプラー衛星の撮像は1波長だったが、ここから多波長の情報を得てしまおうという試み。検出器のピクセルごとに感度の高い波長がビミョ〜に違うので、ピクセルレベルで明るさの変動をみてやることで変動の波長依存性を見られる……ニッチだけどすっごい、ハックだ… #マユコJC

    https://arxiv.org/abs/2102.00044

    このツイートをシェアする

  • ケプラー衛星の撮像は1波長だったが、ここから多波長の情報を得てしまおうという試み。検出器のピクセルごとに感度の高い波長がビミョ〜に違うので、ピクセルレベルで明るさの変動をみてやることで変動の波長依存性を見られる……ニッチだけどすっごい、ハックだ… #マユコJC

  • 910 RT


    ケプラー衛星の撮像は1波長だったが、ここから多波長の情報を得てしまおうという試み。検出器のピクセルごとに感度の高い波長がビミョ〜に違うので、ピクセルレベルで明るさの変動をみてやることで変動の波長依存性を見られる……ニッチだけどすっごい、ハックだ… #マユコJC

    https://arxiv.org/abs/2102.00044

    このツイートをシェアする

  • 視覚理解能力を持つように事前学習済み言語モデル「T5」と「BART」を拡張する研究。「VL-T5」と「VL-BART」と名付けている。生成的アプローチ(単一の構造)で7つの視覚+言語タスクで最高性能に匹敵するとのこと(VQA, GQA, VCR, NLVR2, RefCOCOg, COCO caption, Multi30k)

  • 1010 RT

    視覚理解能力を持つように事前学習済み言語モデル「T5」と「BART」を拡張する研究。「VL-T5」と「VL-BART」と名付けている。生成的アプローチ(単一の構造)で7つの視覚+言語タスクで最高性能に匹敵するとのこと(VQA, GQA, VCR, NLVR2, RefCOCOg, COCO caption, Multi30k)


    https://arxiv.org/abs/2102.02779

    このツイートをシェアする

📢 他にも以下のサービスを運営しています