📢 お知らせ
  • Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 144件
    更新日 : 2022年5月17日 22時02分
  • [PR]

  • この論文手法は凄い単純だけどAppendixでTeslaカメラの詳細を書いてくれてたのが超助かった。ローリングシャッターの活用自体はCVPRの先行研究で報告されていたが、セキュリティ会議だと実実験の比重が重い。最近は「Teslaを騙せば論文1本」と言われる。半分冗談だが半分本当

  • 1106 RT

    Takami Sato

    Takami Sato @tkm2261

    2022/05/10 11:38:45

    この論文手法は凄い単純だけどAppendixでTeslaカメラの詳細を書いてくれてたのが超助かった。ローリングシャッターの活用自体はCVPRの先行研究で報告されていたが、セキュリティ会議だと実実験の比重が重い。最近は「Teslaを騙せば論文1本」と言われる。半分冗談だが半分本当


    https://arxiv.org/abs/2011.13375
    https://twitter.com/itmedia_news/status/1523453962351161344

    このツイートをシェアする

  • 今朝に速報を流した「もうN!で悩まなくていいよ」論文  についての、詳細な紹介。珍しく連投です。1/8

  • 2104 RT

    佐々真一

    佐々真一 @sasa3341

    2022/05/13 20:34:59

    今朝に速報を流した「もうN!で悩まなくていいよ」論文  についての、詳細な紹介。珍しく連投です。1/8

    https://arxiv.org/abs/2205.05863

    このツイートをシェアする

  • The jet and resolved features of the central supermassive black hole of M 87 observed with EHT -- ApJ accepted です(書いてないな、、、)私の名前もはいってます。

  • 391 RT

    Jun Makino

    Jun Makino @jun_makino

    2022/05/11 11:21:07

    The jet and resolved features of the central supermassive black hole of M 87 observed with EHT -- ApJ accepted です(書いてないな、、、)私の名前もはいってます。

    https://arxiv.org/abs/2205.04623

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 論文公開:古典同一粒子に対する自由エネルギーの「公式」にN!がでてくることを、自由エネルギー差=準静的仕事という条件から示した。N!をめぐる議論は100年くらい色々な人が色々なことをいっているが、この自然な前提条件から任意のNで示したのは初めて。詳細は夜に。

  • 489 RT

    佐々真一

    佐々真一 @sasa3341

    2022/05/13 09:59:06

    論文公開:古典同一粒子に対する自由エネルギーの「公式」にN!がでてくることを、自由エネルギー差=準静的仕事という条件から示した。N!をめぐる議論は100年くらい色々な人が色々なことをいっているが、この自然な前提条件から任意のNで示したのは初めて。詳細は夜に。

    https://arxiv.org/abs/2205.05863

    このツイートをシェアする

  • 少ないデータでディープラーニングを可能にする、「Few-shot learning」 (FSL)系の 各種手法、その発展の歴史、応用事例、そして今後の期待について、 分かりやすい解説と図解の論文でした A Comprehensive Survey of Few-shot Learning: Evolution, Applications, …

  • 586 RT

    小川雄太郎

    小川雄太郎 @ISID_AI_team

    2022/05/17 08:07:26

    少ないデータでディープラーニングを可能にする、「Few-shot learning」 (FSL)系の
    各種手法、その発展の歴史、応用事例、そして今後の期待について、
    分かりやすい解説と図解の論文でした

    A Comprehensive Survey of Few-shot Learning: Evolution, Applications, …


    https://arxiv.org/abs/2205.06743

    少ないデータでディープラーニングを可能にする、「Few-shot learning」 (FSL)系の各種手法、その発展の歴史、応用事例、そして今後の期待について、分かりやすい解説と図解の論文でしたA Comprehensive Survey of Few-shot Learning: Evolution, Applications, …

    このツイートをシェアする

  • 「複雑な高分子をつくるのは難しいけどこわすのは簡単という非対称性」を数式で特徴づける論文 がPRL に掲載決定したようだ。修士の小林さんの仕事。初論文がいきなりPRLになった。これ独自性高いし、内容も面白いので、プレスリリースしようかな。

  • 677 RT

    佐々真一

    佐々真一 @sasa3341

    2022/05/16 23:34:04

    「複雑な高分子をつくるのは難しいけどこわすのは簡単という非対称性」を数式で特徴づける論文 がPRL に掲載決定したようだ。修士の小林さんの仕事。初論文がいきなりPRLになった。これ独自性高いし、内容も面白いので、プレスリリースしようかな。

    https://arxiv.org/abs/2111.09498

    このツイートをシェアする

  • 主著論文 "Re-evaluating Word Mover's Distance" が ICML 2022 に Long Presentation として採択されました 🎉 正しく正規化すると単純な bag-of-words が Word Mover's Distance に迫ることを発見し、理由を探りました。 論文📜: GitHub📂:

  • 755 RT

    紫乃さん

    紫乃さん @joisino_

    2022/05/15 17:17:53

    主著論文 "Re-evaluating Word Mover's Distance" が ICML 2022 に Long Presentation として採択されました 🎉

    正しく正規化すると単純な bag-of-words が Word Mover's Distance に迫ることを発見し、理由を探りました。

    論文📜:
    GitHub📂:

    https://arxiv.org/abs/2105.14403
    https://github.com/joisino/reeval-wmd

    主著論文
    主著論文

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • Google が高効率機械学習基盤 Pathways で開発した巨大汎用言語モデル PaLM は、数々の SOTA を更新。また、従来困難だった論理的推論でブレイクスルー。スケーリングによる 1. 性能向上はまだ限界に達していないこと、2. 新たな性能獲得可能性を示唆

  • 830 RT

    ELYZA, Inc.

    ELYZA, Inc. @ELYZA_inc

    2022/05/09 19:29:00

    Google が高効率機械学習基盤 Pathways で開発した巨大汎用言語モデル PaLM は、数々の SOTA を更新。また、従来困難だった論理的推論でブレイクスルー。スケーリングによる 1. 性能向上はまだ限界に達していないこと、2. 新たな性能獲得可能性を示唆


    http://ai.googleblog.com/2022/04/pathways-language-model-palm-scaling-to.html
    http://arxiv.org/abs/2204.02311

    このツイートをシェアする

  • このテクニック (two-phase training) の初出は 。その後、複数の論文で使われて性能が上がることが示されている(see and references therein)から、多分現象として実際に有効なんだと思う。

  • 923 RT

    ™

    @tmaehara

    2022/05/11 23:31:40

    このテクニック (two-phase training) の初出は 。その後、複数の論文で使われて性能が上がることが示されている(see and references therein)から、多分現象として実際に有効なんだと思う。

    https://ieeexplore.ieee.org/document/7533053
    https://arxiv.org/pdf/2112.14491.pdf

    このツイートをシェアする

  • 吉田旭さんとの共著論文が出版されました。 (1) Jarzynski等式と情報熱力学を利用して有限サイズ系で混合自由エネルギーを決定する公式を提案。数値実験で使えます。 (2) (1)の公式を導く過程で、古典統計力学のギブス因子N!を数値的に同定。これがの仕事につながりました。

  • 1023 RT

    NAKAGAWA Naoko

    NAKAGAWA Naoko @NAKAGAWANaoko1

    2022/05/16 12:13:57

    吉田旭さんとの共著論文が出版されました。
    (1) Jarzynski等式と情報熱力学を利用して有限サイズ系で混合自由エネルギーを決定する公式を提案。数値実験で使えます。
    (2) (1)の公式を導く過程で、古典統計力学のギブス因子N!を数値的に同定。これがの仕事につながりました。

    https://arxiv.org/abs/2205.05863
    https://twitter.com/PhysRevResearch/status/1526027660270379008

    このツイートをシェアする

📢 他にも以下のサービスを運営しています