• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 393件
    更新日 : 2019年11月22日 11時43分
  • [PR]

  • 話題の「固有値から固有ベクトルを計算する」をRでやってみた。マジ計算できた。 数学の天才、タオ先生も共著の論文はコレ

  • 1433 RT

    はかせ Mk-II

    はかせ Mk-II @hshimodaira

    2019/11/15 00:56:42

    話題の「固有値から固有ベクトルを計算する」をRでやってみた。マジ計算できた。
    数学の天才、タオ先生も共著の論文はコレ


    https://arxiv.org/abs/1908.03795

    話題の「固有値から固有ベクトルを計算する」をRでやってみた。マジ計算できた。数学の天才、タオ先生も共著の論文はコレ
    話題の「固有値から固有ベクトルを計算する」をRでやってみた。マジ計算できた。数学の天才、タオ先生も共著の論文はコレ

    このツイートをシェアする

  • まじかよ、ディープラーニングで超伝導みつかるってよ。😮 予測精度62%だけど、CaBi2見つかったり、鉄系超伝導を見つけたりすげえじゃん!!

  • 2137 RT

    Kai

    Kai @kakifurai15

    2019/11/19 20:32:33

    まじかよ、ディープラーニングで超伝導みつかるってよ。😮
    予測精度62%だけど、CaBi2見つかったり、鉄系超伝導を見つけたりすげえじゃん!!



    https://arxiv.org/abs/1812.01995

    このツイートをシェアする

  • 現在のNNは入力の小さなノイズに脆弱であり頑健ではない。マウスに複数の画像を見せた時の脳の活動を2光子顕微鏡でスキャンし画像間の活動の類似度行列を得、それとNNの活性値の類似度が似るよう正則化を加えることで頑健性を大きく改善。実際の脳を帰納バイアスとして利用

  • 3123 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/11/18 06:34:58

    現在のNNは入力の小さなノイズに脆弱であり頑健ではない。マウスに複数の画像を見せた時の脳の活動を2光子顕微鏡でスキャンし画像間の活動の類似度行列を得、それとNNの活性値の類似度が似るよう正則化を加えることで頑健性を大きく改善。実際の脳を帰納バイアスとして利用

    https://arxiv.org/abs/1911.05072

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • マジック・ザ・ギャザリングがチューリング完全であり従って勝敗が決定不能問題であるという論文があったのだがこれは

  • 4108 RT

    シータ

    シータ @Perfect_Insider

    2019/11/13 21:44:52

    マジック・ザ・ギャザリングがチューリング完全であり従って勝敗が決定不能問題であるという論文があったのだがこれは


    https://arxiv.org/abs/1904.09828v2

    このツイートをシェアする

  • Googleの生ける伝説ことJeff Deanによる論文 (単著!) 前半はハードウェアfor機械学習の総括的な内容 後半はML for ハード的な内容で「ムーアの法則の後」やMLの未来について The Deep Learning Revolution and Its Implications for Computer Architecture and Chip Design

  • 594 RT

    えるエル

    えるエル @learn_learning3

    2019/11/21 07:54:26

    Googleの生ける伝説ことJeff Deanによる論文 (単著!)
    前半はハードウェアfor機械学習の総括的な内容
    後半はML for ハード的な内容で「ムーアの法則の後」やMLの未来について
    The Deep Learning Revolution and Its Implications for Computer Architecture and Chip Design


    https://arxiv.org/abs/1911.05289

    このツイートをシェアする

  • 多くの物理問題、特に最適制御理論で使われるハミルトン-ヤコビ方程式の粘性解はある特殊な形を持った二層NNに対応し、学習後のNNのパラメータから初期値やハミルトニアンを求めることができる。まだ実験結果で誤差が大き いが改善したResNetバージョンも提案(未実験)

  • 665 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/11/21 08:28:02

    多くの物理問題、特に最適制御理論で使われるハミルトン-ヤコビ方程式の粘性解はある特殊な形を持った二層NNに対応し、学習後のNNのパラメータから初期値やハミルトニアンを求めることができる。まだ実験結果で誤差が大き
    いが改善したResNetバージョンも提案(未実験)

    https://arxiv.org/abs/1910.09045

    このツイートをシェアする

  • IBISでも発表するFaster AutoAugmentがこちらです ブラックボックス最適化を用いる既存手法とは異なり、勾配を近似することでSGDでデータ拡張戦略を学習します。AutoAugmentの2万倍高速です。

  • 746 RT

    未定

    未定 @mosko_mule

    2019/11/19 11:20:59

    IBISでも発表するFaster AutoAugmentがこちらです

    ブラックボックス最適化を用いる既存手法とは異なり、勾配を近似することでSGDでデータ拡張戦略を学習します。AutoAugmentの2万倍高速です。

    https://arxiv.org/abs/1911.06987

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • GrailQuest(聖杯クエスト)、なかなかすごい名前付けてる と思ったら、GrailQuest(Gamma-ray Astronomy International Laboratory for Quantum Exploration of Space-Time) 、あいかわらず頭文字を並べてかっこい単語作るという余計な作業に頭使ってる…

  • 845 RT

    GrailQuest(聖杯クエスト)、なかなかすごい名前付けてる

    と思ったら、GrailQuest(Gamma-ray Astronomy International Laboratory for Quantum Exploration of Space-Time) 、あいかわらず頭文字を並べてかっこい単語作るという余計な作業に頭使ってる…

    https://arxiv.org/abs/1911.02154

    このツイートをシェアする

  • 二日前にディープマインドから新しい論文。囲碁でプロに対し圧倒的な強さを見せつけたアルファ碁、アルファ碁ゼロ、アルファゼロの開発にも関わった、あのシュリットヴィーザーらの研究。名前はMuZero Mastering Atari, Go, Chess and Shogi by Planning with a Learned Model

  • 943 RT

    二日前にディープマインドから新しい論文。囲碁でプロに対し圧倒的な強さを見せつけたアルファ碁、アルファ碁ゼロ、アルファゼロの開発にも関わった、あのシュリットヴィーザーらの研究。名前はMuZero
    Mastering Atari, Go, Chess and Shogi by Planning with a Learned Model


    https://arxiv.org/abs/1911.08265

    二日前にディープマインドから新しい論文。囲碁でプロに対し圧倒的な強さを見せつけたアルファ碁、アルファ碁ゼロ、アルファゼロの開発にも関わった、あのシュリットヴィーザーらの研究。名前はMuZeroMastering Atari, Go, Chess and Shogi by Planning with a Learned Model
    二日前にディープマインドから新しい論文。囲碁でプロに対し圧倒的な強さを見せつけたアルファ碁、アルファ碁ゼロ、アルファゼロの開発にも関わった、あのシュリットヴィーザーらの研究。名前はMuZeroMastering Atari, Go, Chess and Shogi by Planning with a Learned Model

    このツイートをシェアする

  • ImageNetで学習させたモデルで大量の教師なしデータにラベルを付与し、それを元より大きなモデルでノイズを加えて再度学習させることを繰り返す。競争の激しいImageNet Top-1のSOTAを1%改善、ロバストネスが向上し特に難しいデータセット(ImageNet-A)を17%から74%に改善。

  • 1042 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2019/11/14 07:04:11

    ImageNetで学習させたモデルで大量の教師なしデータにラベルを付与し、それを元より大きなモデルでノイズを加えて再度学習させることを繰り返す。競争の激しいImageNet Top-1のSOTAを1%改善、ロバストネスが向上し特に難しいデータセット(ImageNet-A)を17%から74%に改善。

    https://arxiv.org/abs/1911.04252

    このツイートをシェアする