• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 193件
    更新日 : 2020年1月25日 14時16分
  • [PR]

  • arXivでウニに着想を得たというロボットが紹介されている。棘を伸縮させることで自由な方向に動く(実際のウニの棘は伸縮しないけど)。ウニへのリスペクトなのか海辺で撮影されている。かわいい。

  • 1189 RT

    arXivでウニに着想を得たというロボットが紹介されている。棘を伸縮させることで自由な方向に動く(実際のウニの棘は伸縮しないけど)。ウニへのリスペクトなのか海辺で撮影されている。かわいい。


    https://arxiv.org/abs/2001.04250

    arXivでウニに着想を得たというロボットが紹介されている。棘を伸縮させることで自由な方向に動く(実際のウニの棘は伸縮しないけど)。ウニへのリスペクトなのか海辺で撮影されている。かわいい。

    このツイートをシェアする

  • コードを公開しました。 ニューラルネットワークを時空とみなし、ホログラフィー原理の逆問題を解く論文(田中氏、富谷氏、杉下氏との共著)"Deep Learning and Holographic QCD"のコードです。 興味ある方はぜひ時空創発をお楽しみください。 論文→

  • 278 RT

    コードを公開しました。
    ニューラルネットワークを時空とみなし、ホログラフィー原理の逆問題を解く論文(田中氏、富谷氏、杉下氏との共著)"Deep Learning and Holographic QCD"のコードです。
    興味ある方はぜひ時空創発をお楽しみください。

    論文→

    https://github.com/AkinoriTanaka-phys/DL_holographicQCD
    https://arxiv.org/abs/1809.10536

    このツイートをシェアする

  • 01/17: Connes の埋め込み予想を否定的に解いたというpreprintが arXiv に出ていましたが,それについての記事がNatureに載っていて,Connes の短いコメントもついています.正しければ作用素環論で近年最大の結果です.

  • 351 RT

    01/17: Connes の埋め込み予想を否定的に解いたというpreprintが arXiv に出ていましたが,それについての記事がNatureに載っていて,Connes の短いコメントもついています.正しければ作用素環論で近年最大の結果です.

    https://arxiv.org/abs/2001.04383
    https://www.nature.com/articles/d41586-020-00120-6

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • CNNはネットワークアーキテクチャ、正則化で多くの手法が提案されている。これらの手法を精度とスループット両方を考慮し適切に組み合わせると、現在最高精度のEfficientNetと同程度の精度で数倍~10倍近いスループットを達成できる

  • 449 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2020/01/23 08:25:17

    CNNはネットワークアーキテクチャ、正則化で多くの手法が提案されている。これらの手法を精度とスループット両方を考慮し適切に組み合わせると、現在最高精度のEfficientNetと同程度の精度で数倍~10倍近いスループットを達成できる

    https://arxiv.org/abs/2001.06268

    このツイートをシェアする

  • 画像セグメンテーションタスクではIoU(Jaccard係数)を指標とすることが多いが離散的であり最適化が困難である。幸いIoUは劣モジュラであり、Lovasz拡張で連続最適化可能な代理凸関数が得られ、この勾配はGPUで高速に計算可能である。現在のモデルに広く使われている

  • 540 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2020/01/20 08:29:48

    画像セグメンテーションタスクではIoU(Jaccard係数)を指標とすることが多いが離散的であり最適化が困難である。幸いIoUは劣モジュラであり、Lovasz拡張で連続最適化可能な代理凸関数が得られ、この勾配はGPUで高速に計算可能である。現在のモデルに広く使われている

    https://arxiv.org/abs/1705.08790

    このツイートをシェアする

  • 【市場が効率的ならP=NP】科学界最大の未解決問題P=NP予想。トレーダーや経済学者を惑わしつづける効率的市場仮説(=現在の価格は過去の情報をすべて反映している)。2つは同じ予想だとわかったそうです。市場が効率的なら、市場を使ってNP完全問題を素早く解ける。逆も然り

  • 639 RT

    【市場が効率的ならP=NP】科学界最大の未解決問題P=NP予想。トレーダーや経済学者を惑わしつづける効率的市場仮説(=現在の価格は過去の情報をすべて反映している)。2つは同じ予想だとわかったそうです。市場が効率的なら、市場を使ってNP完全問題を素早く解ける。逆も然り



    https://arxiv.org/abs/1002.2284

    このツイートをシェアする

  • TrackNetを試してみた 入力は予測したいフレームとその直前2枚を合わせた3枚の画像 コートがオーストラリアンオープンとかUSオープンみたいに青色でかつ出来るだけコートの上から撮ってるような動画だと検出しやすい トラッキングも含めてやればもう少しまともになりそう

  • 736 RT

    はんぺん

    はんぺん @hampen2929

    2020/01/18 09:41:30

    TrackNetを試してみた
    入力は予測したいフレームとその直前2枚を合わせた3枚の画像
    コートがオーストラリアンオープンとかUSオープンみたいに青色でかつ出来るだけコートの上から撮ってるような動画だと検出しやすい
    トラッキングも含めてやればもう少しまともになりそう


    https://arxiv.org/abs/1907.03698

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 2つのカオス力学系の合成信号から元の信号源を推定する問題は合成信号に駆動される「仲介」力学系を用意して、その時間発展の変換を学習することで解ける。その仲介力学系は「水槽の中の水」でも良く、合成信号が作る波面の形から信号源分離を行うことに成功している。

  • 834 RT

    2つのカオス力学系の合成信号から元の信号源を推定する問題は合成信号に駆動される「仲介」力学系を用意して、その時間発展の変換を学習することで解ける。その仲介力学系は「水槽の中の水」でも良く、合成信号が作る波面の形から信号源分離を行うことに成功している。



    https://arxiv.org/abs/1912.07444

    2つのカオス力学系の合成信号から元の信号源を推定する問題は合成信号に駆動される「仲介」力学系を用意して、その時間発展の変換を学習することで解ける。その仲介力学系は「水槽の中の水」でも良く、合成信号が作る波面の形から信号源分離を行うことに成功している。
    2つのカオス力学系の合成信号から元の信号源を推定する問題は合成信号に駆動される「仲介」力学系を用意して、その時間発展の変換を学習することで解ける。その仲介力学系は「水槽の中の水」でも良く、合成信号が作る波面の形から信号源分離を行うことに成功している。

    このツイートをシェアする

  • ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった

  • 932 RT

    OpenJNY

    OpenJNY @OpenJNY

    2020/01/17 22:44:32

    ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった



    https://arxiv.org/abs/1907.03467

    ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった
    ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった
    ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった
    ありえんくらいグラフのスペクトラル理論についてわかりやすく図解してくれてる解説記事 (論文) 見つけてしまった

    このツイートをシェアする

  • 強化学習のQ学習は最適化の際、状態行動価値関数Qが最大となる行動を求める必要があり行動種類数が少ない場合にしか適用できなかった。Q値が最大となる行動をサンプリングできる提案分布を償却推論として同時に学習しそれを利用すると行動種類数が大きくてもQ学習が使える

  • 1031 RT

    Daisuke Okanohara

    Daisuke Okanohara @hillbig

    2020/01/24 08:03:33

    強化学習のQ学習は最適化の際、状態行動価値関数Qが最大となる行動を求める必要があり行動種類数が少ない場合にしか適用できなかった。Q値が最大となる行動をサンプリングできる提案分布を償却推論として同時に学習しそれを利用すると行動種類数が大きくてもQ学習が使える

    https://arxiv.org/abs/2001.08116

    このツイートをシェアする