• Twitterで話題の技術論文ランキング

    ツイッターで話題・人気の技術論文をランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 275件
    更新日 : 2020年7月15日 10時41分
  • [PR]

  • Fermi Surface Geometry ペレルマン達が開発した現代幾何数学による多様体分類の発想を利用して、フェルミ面と輸送現象の関係を探る、時代の最先端すぎる、、、

  • 181 RT

    部品(本田翼)

    部品(本田翼) @tjmlab

    2020/07/13 09:52:26

    Fermi Surface Geometry


    ペレルマン達が開発した現代幾何数学による多様体分類の発想を利用して、フェルミ面と輸送現象の関係を探る、時代の最先端すぎる、、、

    https://arxiv.org/abs/2007.05525

    Fermi Surface Geometryペレルマン達が開発した現代幾何数学による多様体分類の発想を利用して、フェルミ面と輸送現象の関係を探る、時代の最先端すぎる、、、

    このツイートをシェアする

  • 強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。 次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。 SIGGRAPH2017 Talk。

  • 273 RT

    Teppei Kurita

    Teppei Kurita @kuritateppei

    2020/07/08 10:57:42

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。
    次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。
    SIGGRAPH2017 Talk。


    https://arxiv.org/abs/1701.07403

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。SIGGRAPH2017 Talk。

    このツイートをシェアする

  • 強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。 次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。 SIGGRAPH2017 Talk。

  • 373 RT

    Teppei Kurita

    Teppei Kurita @kuritateppei

    2020/07/08 10:57:42

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。
    次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。
    SIGGRAPH2017 Talk。


    https://arxiv.org/abs/1701.07403

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。SIGGRAPH2017 Talk。

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。 次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。 SIGGRAPH2017 Talk。

  • 473 RT

    Teppei Kurita

    Teppei Kurita @kuritateppei

    2020/07/08 10:57:42

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。
    次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。
    SIGGRAPH2017 Talk。


    https://arxiv.org/abs/1701.07403

    強化学習の式とレイトレーシングにおける光輸送(Light Transport)の方程式が、実は深く関連した積分方程式であることが示されている。次いで、経路空間をサンプリングしつつ重要度を強化学習するアプローチを提案。SIGGRAPH2017 Talk。

    このツイートをシェアする

  • リーマン幾何の医療への応用の研究 耳小骨をエネルギー関数を最小化することでCT画像から位置を特定する方法があるそうです この時エネルギー関数にリッチ曲率項を追加するとパフォーマンスが良くなるらしい ちゃんと読んでないけど、どんな多様体を考えるんだろう

  • 550 RT

    Submersion

    Submersion @Submersion13

    2020/07/13 10:00:00

    リーマン幾何の医療への応用の研究


    耳小骨をエネルギー関数を最小化することでCT画像から位置を特定する方法があるそうです
    この時エネルギー関数にリッチ曲率項を追加するとパフォーマンスが良くなるらしい

    ちゃんと読んでないけど、どんな多様体を考えるんだろう

    https://arxiv.org/pdf/2006.14788.pdf

    リーマン幾何の医療への応用の研究耳小骨をエネルギー関数を最小化することでCT画像から位置を特定する方法があるそうですこの時エネルギー関数にリッチ曲率項を追加するとパフォーマンスが良くなるらしいちゃんと読んでないけど、どんな多様体を考えるんだろう

    このツイートをシェアする

  • ICML論文には真っ当なことが書かれてて,日経が飛ばし記事を書いてしまっただけっぽいぞ.

  • 635 RT

    ICML論文には真っ当なことが書かれてて,日経が飛ばし記事を書いてしまっただけっぽいぞ.


    https://arxiv.org/pdf/1910.04329.pdf

    このツイートをシェアする

  • ICML論文には真っ当なことが書かれてて,日経が飛ばし記事を書いてしまっただけっぽいぞ.

  • 735 RT

    ICML論文には真っ当なことが書かれてて,日経が飛ばし記事を書いてしまっただけっぽいぞ.


    https://arxiv.org/pdf/1910.04329.pdf

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 2つの計量がリーマン同値か判定できるアルゴリズム「Cartan-Karlhede Algorithm」の解説 リーマン幾何やってると2つの計量が同値かチェックしたいとき普通にあるから、助かるわ〜 読み込んでMathematicaに実装すべきか 下の2つは同値らしいけど、こんなん分からんよね

  • 830 RT

    Submersion

    Submersion @Submersion13

    2020/07/09 12:30:08

    2つの計量がリーマン同値か判定できるアルゴリズム「Cartan-Karlhede Algorithm」の解説


    リーマン幾何やってると2つの計量が同値かチェックしたいとき普通にあるから、助かるわ〜
    読み込んでMathematicaに実装すべきか

    下の2つは同値らしいけど、こんなん分からんよね

    https://arxiv.org/pdf/2007.04123.pdf

    2つの計量がリーマン同値か判定できるアルゴリズム「Cartan-Karlhede Algorithm」の解説リーマン幾何やってると2つの計量が同値かチェックしたいとき普通にあるから、助かるわ〜読み込んでMathematicaに実装すべきか下の2つは同値らしいけど、こんなん分からんよね

    このツイートをシェアする

  • Graph Structure of Neural Networks MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

  • 928 RT

    ワクワクさん

    ワクワクさん @mosko_mule

    2020/07/14 19:43:58

    Graph Structure of Neural Networks MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

    https://arxiv.org/abs/2007.06559

    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.
    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.
    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

    このツイートをシェアする

  • Graph Structure of Neural Networks MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

  • 1028 RT

    ワクワクさん

    ワクワクさん @mosko_mule

    2020/07/14 19:43:58

    Graph Structure of Neural Networks MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

    https://arxiv.org/abs/2007.06559

    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.
    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.
    Graph Structure of Neural Networks  MLPやCNNをrelational graphという形式で表現し,計算量を揃えランダムにグラフを得たところ,高い性能を得るような平均パス長とクラスタ係数の組合せの領域が存在した.この枠組みで良いMLPはマカクの神経網とも類似している!面白い.

    このツイートをシェアする