• Twitterで話題のスライドランキング

    ツイッターで話題・人気のスライドをランキング形式で集めたまとめです。

  •   

  • 並び替え:
    件数  : 540件
    更新日 : 2020年8月5日 09時54分
  • [PR]

  • これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと

  • 1119 RT

    これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと

    https://speakerdeck.com/naoya/wen-ti-karamu-wobei-kezuqu-rizu-mu-xiu-falsekai-fa-timuga6nian-jian-dexue-ndakoto

    これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと
    これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと
    これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと
    これめっちゃ良い資料で勉強になる / 働きやすさではなく、事業理解から開発組織の構造を考えること / 「問題から目を背けず取り組む」一休の開発チームが6年間で学んだこと

    このツイートをシェアする

  • 読んだ。アプリ、ウェブ開発に携わるUIデザイナー向けの講習はグラフィックお作法よりこういう話から入った方が良さそう。 / UIデザイン講習会

  • 263 RT

    読んだ。アプリ、ウェブ開発に携わるUIデザイナー向けの講習はグラフィックお作法よりこういう話から入った方が良さそう。 / UIデザイン講習会

    https://speakerdeck.com/elevenlines/uidezainjiang-xi-hui

    このツイートをシェアする

  • 本日 Cloud Operator Days Tokyo の登壇資料です。 #CODT2020 みなさんの現場の IaC、何だか辛くないですか? 今回は AWS CDK をメインに据え、インフラの「予測可能性」を担保するために「何が足りないのか」を考えてみました。 Infrastructure as Code の静的テスト戦略

  • 345 RT

    チェシャ猫

    チェシャ猫 @y_taka_23

    2020/07/29 15:56:08

    本日 Cloud Operator Days Tokyo の登壇資料です。 #CODT2020

    みなさんの現場の IaC、何だか辛くないですか? 今回は AWS CDK をメインに据え、インフラの「予測可能性」を担保するために「何が足りないのか」を考えてみました。

    Infrastructure as Code の静的テスト戦略

    https://speakerdeck.com/ytaka23/cloud-operator-days-tokyo-2020

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • 今日の発表資料。10分もらったのに少しあまらせてしまった。 #csharptokyo

  • 440 RT

    今日の発表資料。10分もらったのに少しあまらせてしまった。 #csharptokyo

    https://speakerdeck.com/kfujieda/jing-de-kurasuhachi-ikotogaaruyo

    このツイートをシェアする

  • よくまとまってる。#OIDC だけでなく、#OAuth と #PKCE も解説。みんなにはこれを入り口にして、元の規格文書を読んでほしいな。 » 30分でOpenID Connect完全に理解したと言えるようになる勉強会 - Speaker Deck

  • 538 RT

    崎村夏彦 (=nat)

    崎村夏彦 (=nat) @_nat

    2020/07/29 16:15:48

    よくまとまってる。#OIDC だけでなく、#OAuth#PKCE も解説。みんなにはこれを入り口にして、元の規格文書を読んでほしいな。 » 30分でOpenID Connect完全に理解したと言えるようになる勉強会 - Speaker Deck

    https://speakerdeck.com/d_endo/30fen-deopenid-connectwan-quan-nili-jie-sitatoyan-eruyouninarumian-qiang-hui

    このツイートをシェアする

  • Kubernetes Meetup Tokyo #32 で発表したスライドです! ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました 🙌 #k8sjp / GitHub Actions の self-hosted runner と Amazon EKS を使った Docker のビルドパイプライン

  • 637 RT

    Manabu Sakai

    Manabu Sakai @manabusakai

    2020/07/28 20:13:11

    Kubernetes Meetup Tokyo #32 で発表したスライドです! ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました 🙌 #k8sjp / GitHub Actions の self-hosted runner と Amazon EKS を使った Docker のビルドパイプライン

    https://speakerdeck.com/manabusakai/secure-docker-build-pipeline

    このツイートをシェアする

  • #tokyor 本日の発表資料です。dplyr(tidyverse)も良いけどdata.tableもいいよ!

  • 737 RT

    Uryu Shinya

    Uryu Shinya @u_ribo

    2020/08/01 16:11:30

    #tokyor 本日の発表資料です。dplyr(tidyverse)も良いけどdata.tableもいいよ!


    https://speakerdeck.com/s_uryu/datatable1130

    #tokyor 本日の発表資料です。dplyr(tidyverse)も良いけどdata.tableもいいよ!
    #tokyor 本日の発表資料です。dplyr(tidyverse)も良いけどdata.tableもいいよ!

    このツイートをシェアする

  • [PR]

  • \ 機械学習勉強会の資料公開!/ 21日の勉強会で使用した、3名の資料をアップしました!(お待たせいたしました💦) 参加できなかった方も、ぜひチェックしてみてください💁‍♂️ #33dsoc ▼李 (日本語版) ▼吉村 ▼林さん

  • 835 RT

    Sansan DSOC

    Sansan DSOC @SansanDSOC

    2020/07/27 12:03:00

    \ 機械学習勉強会の資料公開!/

    21日の勉強会で使用した、3名の資料をアップしました!(お待たせいたしました💦)
    参加できなかった方も、ぜひチェックしてみてください💁‍♂️ #33dsoc

    ▼李
    (日本語版)


    ▼吉村


    ▼林さん


    https://speakerdeck.com/sansandsoc/the-environmental-impact-of-present-ml-models-and-how-can-we-improve-it-jp
    https://speakerdeck.com/sansandsoc/hcomp-and-crowdsourcing-2020
    https://speakerdeck.com/hakasen55/bandeitutowen-ti-tobeizuzui-shi-hua-falseji-ben

    このツイートをシェアする

  • 本日の資料公開しましたー、Amplifyを日本でも盛り上げていくために頑張ります! #AWSAmplifyJP

  • 935 RT

    Yuki Yoshida

    Yuki Yoshida @yshd

    2020/07/31 23:00:12

    本日の資料公開しましたー、Amplifyを日本でも盛り上げていくために頑張ります!

    #AWSAmplifyJP

    https://speakerdeck.com/yuukiyo/yang-itokoronishou-gajie-kuamplify

    このツイートをシェアする

  • 社内勉強会での発表資料を公開しました。 近年増えつつある、教師なし学習により画素レベルの追跡を学習する研究事例を紹介しています。 ラベルなしデータを用いた Dense Tracking の研究事例

  • 1035 RT

    Naoki Kato

    Naoki Kato @nk35jk

    2020/08/04 12:30:42

    社内勉強会での発表資料を公開しました。

    近年増えつつある、教師なし学習により画素レベルの追跡を学習する研究事例を紹介しています。

    ラベルなしデータを用いた Dense Tracking の研究事例


    https://speakerdeck.com/nk35jk/learning-dense-tracking-from-unlabeled-videos

    このツイートをシェアする