📢 お知らせ
  • 【AWS】JAWS-UG SRE支部 #1 まとめ

    AWSイベント「JAWS-UG SRE支部 #1」に関して、最新の情報をまとめてみました。

    JAWS-UG SRE支部 始動します!
    記念すべき1回目は、JAWSの大村さんをお迎えし、AWSにおけるSREについてを話していただく予定です。
    テーマ
    フリーテーマ!
    第一回目はAWSにおけるSRE活動の気持ちを語り合いましょう!
    開催概要
    日時:2021年11月9日 (火)
       19:00 〜
    場所:YouTubeLiveにて配信 (URL など後日更新予定)
    ※LT枠は先着の予定ですが、応募者多数の場合は抽選にします。
    LTで登壇されたい方は、Connpassにてお申し込みください。
    タイムテーブル



    時間
    内容
    登壇者




    19:00 - 19:15
    SRE支部運営からのご挨拶
    SRE支部運営一同


    19:15 - 19:30
    SREのプラクティスにAWSで取り組むときに悩んでいること
    Yuki Ando


    19:30 - 20:00
    AWS基調講演(仮)
    Yukitaka Ohmura


    20:00 - 20:10
    休憩
    -


    20:10 - 20:20
    LT1
    募集中!!


    20:20 - 20:30
    LT2
    募集中!!


    20:30 - 20:40
    LT3
    募集中!!


    20:40 - 20:50
    LT4
    募集中!!


    20:50 - 21:00
    締めのご挨拶
    SRE支部運営一同



    *スケジュールやスピーカー、発表内容は変更される場合がございます。
    セッション
    1. SREのプラクティスにAWSで取り組むときに悩んでいること by Yuki Ando
    事業会社のサービス運用にSREのプラクティスを取り入れる、あるいはSREチームを組成することが多くなってきているように思います。一方、世の中のSREの情報は、KubernetesやGoogle Cloudの技術を活用した取り組みや事例が多く、AWSを活用してサービスを提供している会社のSREは、自ら学んで考えなければいけないことが多いと感じています。
    AWSの上でサイトリライアビリティエンジニアリングを実践する上で、SREとしてどんなことを目的に、技術の採用を検討するのかといった思考のステップをお話しさせていただきます。
    これから、あるいはすでにAWS×SREに取り組む方と勉強のモチベーションを共有できれば幸いです。
    - Bio -
    Yuki Ando - NewsPicks SRE
    SIer畑10年のAWSエンジニアから、経済ニュースメディアのSREにジョブチェンしました。
    事例の紹介というよりは、駆け出しSREのお悩み共有を通じて皆さんとSREやAWSの勉強していければと思います。

    JAWS-UG SRE支部 運営メンバー
    AWS認定11冠&2021 APN AWS Top Engineers
    Twitter: @integrated1453

    2. AWS基調講演(仮) by Yukitaka Ohmura
    - Bio -
    Yukitaka Ohmura /AWSJ

    Twitter: @yktko

    3.LT枠3本!
    現在募集中!!
    LT1 タイトル
    名前 - ロール / 部門、社名(所属)

    Twitter: @SPEAKERS_TWITTER_ACCOUNT
    GitHub: @SPEAKERS_OTHER_ACCOUNT
    LinkedIn: @SPEAKERS_ANOTHER_ACCOUNT

    LT2 タイトル
    名前 - ロール / 部門、社名(所属)

    Twitter: @SPEAKERS_TWITTER_ACCOUNT
    GitHub: @SPEAKERS_OTHER_ACCOUNT
    LinkedIn: @SPEAKERS_ANOTHER_ACCOUNT

    LT3 タイトル
    名前 - ロール / 部門、社名(所属)

    Twitter: @SPEAKERS_TWITTER_ACCOUNT
    GitHub: @SPEAKERS_OTHER_ACCOUNT
    LinkedIn: @SPEAKERS_ANOTHER_ACCOUNT

    LT4 タイトル
    名前 - ロール / 部門、社名(所属)

    Twitter: @SPEAKERS_TWITTER_ACCOUNT
    GitHub: @SPEAKERS_OTHER_ACCOUNT
    LinkedIn: @SPEAKERS_ANOTHER_ACCOUNT

    参加のルール/マナー
    勉強会に参加される方は、JAWS-UGの定める以下のルール/マナーに則って行動することをお願いしております。
    ルール

    関係者の人種、性別、性的指向、身体的特徴、見た目、政治、宗教(または無宗教)などに係る表現は、いかなる場合も適切ではありません。
    JAWS-UG は No sell, No Job です。イベントの趣旨と関係のない宣伝行為・採用活動・ネットワーキングのみを目的としたご参加はご遠慮ください。

    ルールに違反する方は参加をお断りする場合がございます。
    マナー

    あなたのクリエイティブで前向きな発言がイベントをより楽しくします。発表者や質問者に対して疑問や意見がある場合は批判や罵り・嘲りではなく提案と課題解決の態度でポジティブな発言を心がけましょう。
    全てのイベントは有志のボランティアにより非営利目的にて運営され、いつでもあなたの手助けを必要としています。お気付きの点があればぜひご協力をお願いいたします。
    私たちはコミュニティへの貢献を通じて社会からの信頼を得ることがより良いビジネスに繋がり、より自分らしい働き方を見つける手段になると信じています。
    AWSのユーザーグループは日本中、世界中に存在し、あなたの参加を待っています。是非コミュニティを通じて世界中の仲間と繋がりましょう。

    https://jaws-ug.jp/for-participant/

    ・JAWS-UG SRE支部 #1
    https://jawsug-sre.connpass.com/event/227752/

📢 他にも以下のサービスを運営しています